LCコートホログラム

見る角度によってキラキラと輝くホログラム加工は
通常のパッケージに比べアイキャッチ効果が大きく
商品を目立たせることが出来ます。

LCコート ホログラム加工とは

印刷面へUV塗料をコーティングして転写用ホログラムフィルムを圧着し、同時に紫外線を照射します。 フィルム側の形状が転写され、硬化後にフィルムを剥がすと、ホログラム加工に仕上がります。

詳しいホログラムの表面加工手順はこちらをご覧ください。

ホログラム無し
ホログラム加工 無し
ホログラム有り
ホログラム加工 有り

環境に優しい!

古紙リサイクルが可能

最近ではプラ製品を減らすための社会全体の取り組みが重要視されています。ラミネート加工同等の高い光沢を持ちながら、フィルムが印刷物に残らないので、そのまま資源リサイクルに出すことができます。環境に優しい表面加工です。

スポット、後加工も!

パッケージに最適

全面を覆うホロラミ加工では出来ない、スポット加工が可能です。JANコードの部分や賞味期限枠にかかるホログラムを抜くことができます。「箔押し」「糊付け」等の後加工の追加が可能で、パッケージを魅力的に演出することが出来ます。

ホログラムの模様が色々!

デザインの幅が拡がる

転写用ホログラムフィルムの柄を多数用意しております。
デザインに合わせて柄を選ぶことが出来ます。


パッケージの一例です。パッケージデザインに合わせて柄の違うホログラムを使用しています。

LCコートホログラム

LCコートホログラム
LCコートホログラム

どうしホログラムに見えるの?

通常のニスコーティングでは平滑なコーティング層によって印刷面に艶のある均一な反射光のみが認識されますが、ホログラム加工が施されたコーティング層ではフィルム状に形成された微細な凹凸模様が光の特定波長を反射させて見る角度によって虹色に見えることにより、ホログラム効果が得られます。


紙器製造で一般的なホログラム加工とは?

①ホログラムフィルムを貼り合わせるホロラミ加工 
②ホログラムの箔を押すホログラム箔押し
③アルミ蒸着されたホログラムペーパーに印刷
LCコートホログラム加工

ホログラム加工比較

※スポット加工とは、あらかじめ特定の部分に加工がされないようスポット版を作り、ホログラムを抜く加工をすることです。別途、樹脂版費用がかかります。