一部ですが、一般的なパッケージの形状をご紹介いたします。

キャラメル

筒状の胴体を持ち、上下に差し込み式のフタが付いている形状の箱です。
紙器の中で最も代表的な形といえます。

底ワンタッチ

底の面に2箇所の糊貼りを設けて、箱を起こすと自動的に底が形成されます。大量生産時、作業効率を上げることに向きます。キャラメル箱よりも重量物を入れることに適しています。

アメリカンロック

底部に設けた4枚の組み合わせ機構で、キャラメル箱よりも底面に強度を持たせた形状です。底面強度は増しますが、箱を組み立てる際の手順は増えることになります。

C式

身とフタに分かれた形式です。
ギフト箱等に多く使用されます。強度を出すために、E段を貼合する場合もあります。

N式

フタと身が一体となったワンピースタイプの箱です。貼り加工が全く無いのでトムソン加工を施す箱の中では最も低価格です。

スリーブ

筒状の箱の基本になる形状です。フタ部分が無いため他の箱や商品自体と併用されることが多いです。

4コーナー

側面の4箇所が糊付けされており、側面を起こすことで箱になる形状です。箱を組み立てる手間が少なく、お菓子の箱や、駅弁等のトレーの外箱としても多く使用されます。

ピローケース

上下フタの折筋が曲線なので、組み上がれば曲線に合わせて箱の表面がわん曲する枕型の形状をしたパッケージです。食品やお菓子、アクセサリーや小物などのラッピングなどにピッタリです。

キャリー

持ち運び用の取手のついた箱で、ケーキやお菓子など持ち運ぶ商品に使用されることが多い形状です。底はアメリカンロックか底ワンタッチで、箱の厚みがない場合はふろしき型などもあります。